自毛植毛にするかプロペシアにするか迷っていますがどちらが良いですか?

・自毛植毛が良いかプロペシアが良いか?

自毛植毛が良いかプロペシアが良いかは目的が違いますので一概には言えないです。
それは自毛植毛はまだ残っている毛髪を薄い部分に移植する施術、プロペシアは脱毛を予防する医薬品と言う違いがあるからです。
自毛植毛は移植さえ無事に成功すれば、毛周期によって毛髪が自然に生え変わりますのでお悩みの解消が期待できます。
プロペシアは脱毛の予防ができても現状維持と言ったレベルまでの改善で、発毛までは期待できずお悩みはそのまま継続します。

・プロペシアで効果が出なくても自毛植毛なら大丈夫

プロペシアは多くのAGA患者さんで脱毛の予防が見られますが、100%どなたでも効果が出るわけでは無いです。
中には効果が出ないAGA患者さんも見られます。
しかし自毛植毛では移植できる毛髪さえあれば医薬品のように効果が出るか出ないか気にせずに済むと言うメリットがあります。
その代わりにAGAが進行し脱毛している部分が広いと移植するための毛髪がたくさん必要になります。
無制限に移植できるのではなく、残っている毛髪に限られますのでAGAの進行具合によっては移植に必要な毛髪が足りなくなる可能性があります。

・自毛植毛の料金は?

クリニックで自毛植毛を受けると当然ながら料金が発生します。
料金はグラフトと呼ばれる毛穴ごとで設定しているクリニックが多いです。
クリニックによって料金はまちまちですが、1グラフト当たり700円から1000円くらい掛かります。
グラフト数が多くなると1グラフト当たりの料金が安くなるクリニックがよく見られますが、グラフト数が多くなるほどトータル的な料金は増えていきます。
M字型だと100グラフトから1000グラフトは必要と言われており、1グラフト当たり700円で1000グラフトだと70万円は料金が掛かる計算です。
AGAが進行しないうちに早めの決断されたほうが料金的には負担が軽くなることが多いです。

・プロペシアの料金は?

プロペシアの処方を病院やクリニックで受けると1錠当たり250円ほど、1か月7500円ほどの薬代のお支払となります。
個人差はありますが3か月から6か月ほどで効果が出始めますが、その後も継続して服用することが必要です。
自毛植毛は最初の料金はかなり高いですが移植後は殆ど料金が掛からないので長い目で見るとお得になる可能性があります。

まずはプロペシアの処方を受けてみてダメだったら自毛植毛に切り替えすると言った方法もあります。